nonomoの化粧水の全成分は?解析したらヤバ過ぎる添加物だらけとかないの?

 

nonomoは敏感肌の人のために開発された、美白ケアの化粧品です。

ポーラ・オルビスグループから生まれたブランドなだけあって、品質が良いものであると評判の化粧品ですが、実際はどうなのでしょうか。

成分をよくよく見たら悪い添加物がたくさんで…なんてことがあったりして。

今回はnonomo化粧水全成分と添加物について調べてみました。

 

 

nonomo☆脱毛クリームの全成分

nonomoホワイトニングローション クリアリストの全成分は以下の通りです。

 

〈有効成分〉

アスコルビン酸2-グルコシド、グリチルリチン酸2K

〈その他の成分〉

水、BG、グリセリン、コウキエキス-2、アルニカエキス、マロニエエキス、ハトムギ発酵液、グリシン、アルギニン、セリン、リジンHC、アラニン、ローズ水、グリコシルトレハロース、水添デンプン分解物混合溶液、ローズマリーエキス、PEG30)、POE水添ヒマシ油、水酸化KPEG80)、POE・ジメチコン共重合体、クエン酸Na、キサンタンガム、クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ベンザルコニウムクロリド、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、メチルパラベン

 

 

nonomo☆nonomoの成分は安全?危険??

調べてみると、nonomoの成分は毒性が低いものが多く、一部使われている乳化剤は一般的に使用される量よりもごく少量でした。

また、nonomoの成分の多くが保湿成分でした。

nonomoは保湿力が魅力の一つですが、保湿成分がたっぷり入っているからなのですね。

 

 

nonomo☆メチルパラベンがはいってる!

よく「メチルパラベン」は毒性があるから避けるべきと聞きませんか。

そのメチルパラベンが成分に入っているではありませんか!

 

メチルパラベンは防腐剤のひとつ。つまり、化粧品が劣化するのを防ぎます。

nonomoに添加されるパラベンは、一般的な化粧品よりもごく少量で、成分表でも一番最後にかかれていて、全成分の中で一番少量であることが示されています。

心配する量ではないですし、むしろ防腐剤がまったく入っていない化粧品であるほうがリスクが高いともいわれています。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はnonomoの化粧水の全成分と添加物について調べてみました。

まとめます。

  • nonomo☆nonomoの化粧水の全成分

⇒アスコルビン酸2-グルコシド、グリチルリチン酸2Kなど

  • nonomo☆nonomoの成分は安全?危険??

⇒毒性が低いものが多く、一部使われている乳化剤は一般的に使用される量よりもごく少量

  • nonomo☆メチルパラベンがはいってる!

⇒一般的な化粧品よりもごく少量で、全成分の中で一番少量

 

nonomoは安心して使える成分が多く入っていることがわかりました。

ただ、どんなに良い成分が入っていても、自分の肌に合わなければ意味がありません。

成分を知ったうえで、お試しセットなどを利用して、自分の肌に合うかを確かめてみるといいかもしれませんね。

お得なお試しセットはnonomo公式サイトから購入できますよ!

 

 

 

 

 

 

 



 
nonomo脱毛クリーム関連記事

nonomo脱毛クリームの口コミで悪い評判とかある?効果なしとか